転職活動には時間がかかる理由がある

SPECIAL

NEWS

想像以上に時間がかかる転職活動…

想像以上に時間がかかる転職活動…

転職活動は時間がかかる

学生時代に就職活動をしたことを考えてみると、おおよそどのような人も期間が同じ程度だと思います。大学生の就職活動であれば4年生になる頃から始まり、遅くても秋から冬頃までには内定をもらうのが一般的な就職活動期間です。この就職活動期間に比べて、転職活動にかかる期間は人によって全く異なります。
転職を考えて転職活動を始める時期が異なるのはもちろん、転職を考えてから転職活動が終わるまでの期間も人によって違います。ではこの転職活動はどれくらいの時間がかかるものなのかを知っておきましょう。初めての人は特に転職活動は時間がかかるものだという認識をしておくためにも大切です。

平均の転職活動期間

希望条件やどれだけ探し続けるかによっても異なりますが、転職活動における期間は3ヶ月から半年と言われています。転職活動期間も大切ですが、転職活動をどのように進めるのかということも非常に大切です。ありがちなことは仕事を辞めたいと考えている人が多いので、今すぐに辞めたいと思うことから転職活動期間をかなり短く見積もって退職してしまうという失敗があります。
結果として転職先が見つからないことや、決まらないことの焦りから転職活動期間が長くなってしまうことを恐れて自分の希望条件と合わない転職をしてしまうことがあります。転職活動が長引くことが十分にあることをよく考えたうえで、退職時期を見極める必要があります。

スケジュールの変動

まずは転職を考えたときの流れを考えてみましょう。一般的な流れとして転職準備になる今後自分が何をしていきたいのか、どういった希望条件があるのかといった自己分析を行います。そしてこの自己分析に基づいて企業や業界を決めて、それらの情報収集をします。集めた情報から応募したい企業を探して応募先への履歴書や職務経歴書の作成をしていき、面接へと移ります。内定がもらえたらそこで働き始めることになりますが、在職中に転職活動をしているのであればさらに引き継ぎや退職なども含めると少し長引くことを考えましょう。
ではこれらのスケジュールに関してですが、自己分析から書類作成まではおおよそ2週間程度、そして求人を探して面接をしてもらうまでに2ヶ月、退職をして働き始めるまでに1ヶ月程度を見積もっておきます。しかしこれらは希望条件に合う求人がなければ応募までの期間が延びることになりますし、面接を行っても内定がもらえないこともありますので、これらのスケジュールは変動することがあるということも考慮しておきましょう。

これさえ読めば転職はばっちり!