転職活動中に独りで悩みを抱え込んでしまう理由とは

SPECIAL

NEWS

悩みを独りで抱え込んでしまう…

悩みを独りで抱え込んでしまう…

独りで抱えてしまいがち

転職活動をすることを想像してみると、意外と周囲に相談することのできる人がいないということに気づくと思います。しかし転職というのは人生の転機とも言えますので、自分の中でとても大きな変化を伴います。多くの人の意見を聞いたり相談しながら進めたいと思うのが普通です。
転職ではなるべく多くの意見を聞きながら相談をして進めたいはずなのに独りで抱えてしまう人が多い理由に関して、転職という相談をする相手を探すというのが難しいものがあります。そして独りで抱えてしまうことから悩みが深くなっていき、徐々にプレッシャーで潰されてしまうという人もすくなくありません。ではなぜ独りで抱えてしまいがちになってしまうのでしょうか。

仕事仲間は難しい

仕事仲間の同僚には本音で話すことは難しいですし、なにより転職の話題に関しては特にデリケートな部分です。愚痴のついでとして転職したいなといった程度なら問題ないかと思いますが、転職する意思が社内に伝わることで社内の雰囲気が変わることもあります。信頼できる同僚がいるならば良いかもしれませんが、在職中の転職でないのであれば同僚に話す機会もなかなかありません。

相談相手となるハードルが高い

仕事の話といえばそれなりに専門性のあることですので、家族や友人を考えると自分の仕事に関する状況を的確に把握しているわけではないので適切なアドバイスをするというのは難しいです。加えて会社によって事情がかなり異なりますし、自分が転職をする理由について考えるとより一層誰に相談して良いのか、誰が相談相手としてふさわしいのかはとても難しくなってきます。
自分の経歴を理解してもらい、好みや考え方を把握している人で、なおかつ転職市場の動向について詳しく、自分が転職したいと考えている業界について特に知識のある人となると、相談相手は身近にはいないはずです。

頼もしい相談相手

以上の条件を満たしている信頼できる人がいれば、独りで抱えることなく相談に乗ってもらいアドバイスをもらいながら進めていくことをおすすめします。しかし、やはり相談相手が見つからないという人に関しては転職エージェントの利用をおすすめします。
転職エージェントでは転職市場の動向に詳しい様々な自分の考え方や理想の働き方を理解した上で転職の相談をすることができる頼もしい味方になってくれます。担当となるキャリアコンサルタントが自分の条件などを踏まえたうえで話を聞いてくれます。相談相手がいないと独りで抱え込まずに転職エージェントに相談をしましょう。

これさえ読めば転職はばっちり!