転職活動中はモチベーションの維持が難しい

SPECIAL

NEWS

モチベーションの維持が難しい…

モチベーションの維持が難しい…

崩れやすいモチベーション

転職活動期間は転職に失敗しないためにもモチベーションを維持することはとても大切なことなのですが、このモチベーションを維持することがなかなか難しいです。モチベーションを維持していくことが難しい要因について紹介していきます。

休みの日に転職活動

求人を探して履歴書を書いて、書類選考に通過した面接の準備をして面接を受けるといった流れを、内定をもらうことができるまで繰り返すことになります。そしてこれらの過程でさらに自己分析や業界に関する調査をしていく必要もあります。特に在職中の人であれば仕事が終わってから始めたり、せっかくの仕事が休みの日をこの転職活動にあてなければなりません。

周囲に気を使う

在職中に転職することを考えると、周囲にばれないように気を回したり、面接をする日程に合わせて仕事の調整しなければならないなど多くの気を使うことがあります。気を使うことはやはり疲れることなのでどうしても面接を受ける気分が落ちてしまったり、面接のスケジュールを合わせるのが面倒になってしまうことで別の求人を待つといった気持ちになってしまいます。

ゴールがわからない

終わりが見えていることでやる気というのは変わってくるものですが、転職活動には内定をもらうまではゴールが見えませんのでモチベーションの維持が大変です。3ヶ月で確実に終わると考えれば3ヶ月頑張れば解放されると思ってやる気を維持することもできますが、内定をもらうことができるかどうかというのは約束されていないことなのでいつ終わるかは明確になりません。このゴールがわからないという状態からモチベーションを維持することが難しいです。

考えることが多い

単純作業と違って転職活動は自分の頭でよく考えて動きます。そのためテンポよく進むこともありますが、多くは悩みながら進んでいくことになるので疲れてしまいがちです。スムーズに転職活動を行えていると問題ありませんが、自分は何がしたいのか、これでいいのかと悩み始めてしまうと答えのない質問なので大きくはまってしまうことも少なくありません。

時間がかかる

転職活動期間は平均して3ヶ月から半年といわれていますので、この期間は自分のプライベートの時間を削りながら活動時間にあてていきます。しかもこれはあくまで目安なのでさらに長い期間を要する人もいます。この長い期間に自分の時間を取られることを考えるとモチベーション常に高く持つことは大変です。

これさえ読めば転職はばっちり!